読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お絵かき看護師かおりのワクワク活動日誌!

お絵かき時々看護師のブログ

いじめられた過去は必ず癒せるし自分の1番の味方になってくれる

 

みなさんこんばんは~♪

お絵かき看護師かおりです。

 

先日書いたこのブログ♪

 

www.kaoriai.net

 

私が中学時代に使っていた色鉛筆を母が北海道から持ってきていました。

色鉛筆から感じた過去の私からの応援歌。

中学生時代の私は同級生からいじめにあっていた

f:id:subetemanmaru:20170319183124j:plain

ちょうど多感な時期。思春期。

小学校から中学校になって、私は同級生の男の子からいじめを受けていました。

元々活発なところがあったけれど、思春期だからでしょうか。

目立つ事は悪い事、その当時で言えば「調子こいてる!」の対象になるのがこわくて

自分自身を隠してしまったのです。

 

自分をどんどん隠すほど、エスカレートするいじめ

f:id:subetemanmaru:20170402232150j:plain

私は中学生当時、給食を落とされたり、机やいすをひっくりかえさり

通学路の途中で蹴り飛ばされたりというようないじめを受けていました。

自分を目立たなくするほど

いじめがエスカレートしていきました。

まさに、負のループですね。

 

いじめられたという過去が本来の自分の輝きを出させなくしていた

f:id:subetemanmaru:20170402225218j:plain

いじめられたと言う過去は、高校、看護学校へ行くうちにうすれていき

思い出のようになっていました。

しかし、大人になった私に大きな落とし穴を準備していたのです。

それは、「目立つのは悪い事!」という固定概念。

本当は、周りからたくさん愛されるキャラクターなのに

固定概念、すなわち、目立てばいじめられる!という恐怖が根付いてしまったわけです。

 

中学生時代に使っていた色鉛筆が北海道からやってきた

f:id:subetemanmaru:20170401134247j:plain

今私は、自分の事を好きになる!と4年前に決めて、勉強と実践をして

自分の事が好きになって、さらなる目標である

看護師が仕事が楽しいと言える職場環境を、働き方を作る!」を掲げて

行動しているのですが、その応援を中学生のころの私からもらえたのです。

 

何かの行動を起こす事は目立つ事。しかもみんながやろうとしない事に関してはとくに。だけど、私は自分のイラストやぬり絵で、みんなが本当はどう生きたいのかのピュアハートを思い出して、それが仕事になる世界を実現すると決めています。

わたしはいつもスケッチブックとクレヨンを持ち歩いていて、みんなが必要な時に

お絵かきをしてピュアハートを思い出せるようにしています。

そんなとき、母から中学生時代に使っていた色鉛筆を渡されました。

 

ひとつだけ減っている色がある

f:id:subetemanmaru:20170401134255j:plain

懐かしい中学時代に使っていた色鉛筆。

開いてみると、黄色だけ減っていました。

黄色は意識していなかったけれど、良く使う色で

最近絵を描くようになってから、黄色が好きなんだってわかりました。

 

今も変わらなかった大好きな黄色という色

f:id:subetemanmaru:20170402231434j:plain

中学生から20年経った今。好きな色は変わりませんでした。

変わらなかった事に色鉛筆をみて気づきました。

ずーっと黄色が好き。時空を超えた過去の私と、今の私の共通点。

不思議と、色鉛筆がこのタイミングでやってきた事と

黄色が同じく減っていた事。

心があたたかくなりました。

そして、昔の私が今の私に安心して癒されにきたんだなぁと思いました。

 

いじめられた過去は大きなメッセージがある

f:id:subetemanmaru:20170402225221j:plain

いじめられたという過去は消えません。消えないけれど

きっと今のあなたに何かしらのメッセージを残してくれていると思います。

私の場合は、「じぶんらしく生きていない」事から、いじめがはじまりました。

本当は、みんなの輪に入って楽しくおしゃべりしたかったのに

目立つ事が悪い事だと、楽しく過ごして注目されるよりも

いじめられて可愛そうな自分でいる注目を私は選んだんだなぁと20年過ぎてようやくわかったのです。

そして、今やりたいこと、看護師が自分の才能を生かして仕事をする新しい看護のかたちを、私はイラストとぬり絵で看護を変えようとしている。

その応援を、昔の私が色鉛筆で応援してくれているんだと思っています。

自分に素直に、純粋な気持ちで生きようと決めた時、過去の出来事の意味がちゃんとわかるようになっているんですね。